利用する前にチェックしておきたい!車の個人間売買の口コミ評判を紹介!

当サイトは、利用する前にチェックしておきたい車の個人間売買の口コミ評判を紹介している記事を掲載しています。
また、オークションでの個人の売買は中古のものの買取とは異なり、必ず売れるとは限らないと言うデメリットがあると言うことや中古の商品を販売している会社で個人売買の代行を利用するメリットとは何なのかを説明しているコーナーもあります。
気になる記事や興味が少しでもある情報があったと言う方はこれらを確認すると良いです。

利用する前にチェックしておきたい!車の個人間売買の口コミ評判を紹介!

車を持ちたいと考えている方は多いのではないでしょうか。
移動にとても便利なため買い物や送迎などに使いたいと考えている方や、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で電車やバスなどの公共交通機関を利用することを躊躇している方が多いために、需要が増えています。
このことから、フリマアプリやサイトなどを利用して個人間売買を行う方も多くなってきていますが、このサービスを使ったことがない方は利用しても良いものなのか分からない方は多いです。
分からない方におすすめなのは、事前に口コミ評判をチェックしてからサービスを利用することなので、今からこのサービスの口コミ評判を説明していきます。
フリマアプリやサイトは最近では利用者が多いため、初心者でも分かりやすい説明が書かれてあり、使いやすかったと評価している方が多いです。

中古車の個人間売買で感じ取ることができる複数のメリット

ネット通販で買い物をする方が増えている昨今では、中古車もネット上から購入することができます。
大手のサイトも複数あり、全国の販売店からの出品に対して絞り込みを行って比較検討をすることも可能です。
一方で中古車は法人ではなく個人間売買も利用することができ、専門の販売サイトを確認すると豊富なメリットを感じることは十分にあり得ます。
まずは最大のメリットとして、同一の車種でも法人よりも安く購入することができ、中間マージンが発生しないことで売り手側も利益を高くすることに成功できます。
欲しい車種が販売店を検索してもヒットしない場合でも、個人間売買を確認することで掘り出し物を探し出せる可能性もあります。
実際に既に販売終了となった古い車種の中には、現在でも高い人気を誇っている場合もあるので、個人間売買はこのような方にも向いています。
他にもノーマルの状態ではなく、何らかのドレスアップや合法な改造を施している場合もあり、パーツ代だけでも新品時はかなりの価格になったとしてもそのままの状態で購入できるメリットもあります。
通常は法人の販売店では取り扱わない状態でも、敢えて手を加えているままで購入を希望する方は存在するので本来であれば入手不可なコンディションでも購入できることも魅力ではないでしょうか。

車の個人間売買の後に相手が返品を希望した場合のトラブル対処法

個人間売買により車を売った際、稀に後になってから返品を希望される場合があります。
そのようなトラブルに見舞われた時は、まず相手の主張に正当性があるのかを判断しなければいけません。
単に不要になった、思っていたものと違うなどの身勝手な理由ならば、基本的に返品を受け付ける必要はないでしょう。
かたや、こちらに落ち度がある場合は対応をしなければいけない可能性があります。
本来なら説明すべき事項を意図的に伝えなかったり、故障や不具合を隠して販売をしたりなどですと、購入者の希望に応える妥当性がありますし、しっかりと対応をしないと訴えられてしまう可能性もゼロではありません。
このようなトラブルを回避するには、個人間売買にあたり徹底して説明を行うことはもちろん、相手に納得尽くで購入をしてもらうことが重要です。
余すことなく説明を尽くし、そして現車確認も行った上での取引ならば無用な揉め事に見舞われるリスクも減らすことができるでしょう。

車の個人間売買は良い人と取引すべき!

車の個人間売買は注意すべき点が非常に多いため、取引相手を選ぶことも重要なポイントです。
売る側も買う側も、良心的に取引を行うことが重要であり、そのためにはお互いに良い人を選ぶことが安心して行うことができる秘訣となっています。
車の取引は様々な手続きが必要になるため、単純に物品と代金を交換するだけで終了と言うものではありません。
名義変更や様々な税金の問題、及び状態の確認等はお互いが真摯になって行わなければならず、嘘等が発生した場合には後々まで様々な問題を残すことになるためです。
個人間売買は相互の信頼関係が非常に重要となるばかりでなく、場合によってはいちど限りの付き合いとなることも多いため、丁寧に行わなければなりません。
そのため、その金額や条件ばかりを重要視するのではなく、相手の人柄も十分に見抜くことが必要となります。
様々なトラブルを未然に防ぐためにも良い人を選ぶことが重要であり、単に金額が高いからとそれだけで選ぶ事は非常に危険なため注意が必要です。

車を個人間売買する時に仲介者は必要?

個人間売買は基本的に個人と個人とが取引が行う方法であり、仲介者を必要とすることなく車の売買をすることができます。
それゆえに余計な手数料がかかることなく、双方にとってお得な取引を行えるのが個人間売買の最大の特徴です。
しかしながら、個人がすべての手続きをこなさなければいけないため、不慣れな者ですとハードルが高く感じてしまうこともあるでしょう。
実際、取引がスムーズにいかずトラブルに発展するケースも中にはあります。
もし個人間売買に不安がある時には、仲介者を入れた取引を検討してみるのも良いかもしれません。
個人間売買の代行サービスに第三者として介入をしてもらうことができ、売買に必要な手続きを代行してもらうことが可能です。
初めての人でも安心をして車を販売したり購入したりすることができますし、万一トラブルが生じた際にはサポートがあるため不安なく取引を行えるでしょう。
代行手数料もリーズナブルな業者が多く、選択肢にも加えやすいと言えます。

車を個人間売買するときには手続きの流れを理解する

車の個人間売買での手続きは、非常に煩雑だと考えている人が多いのは事実です。
実際に手続きに時間がかかるかどうかは、ある程度流れを確認してから実行することでスムーズにできる可能性があります。
まずディーラーやプロの整備士に車の状態を確認してもらうことが必要です。
実際の現物を売り手・買い手双方で確認することが理想とされていますが、オークションなどを利用する場合は写真や動画を使って状態を確認している場合が多いといいます。
そのため、オークションに出す側であるなら整備士に確認してもらうときに動画を撮影してオークションへ出すことが重要です。
自分自身が売る側・買う側により多少異なりますが、どちらであっても状態が正常であること、マイナス要因を確実に確認しなければなりません。
双方状態に納得して売買に同意したら、売買契約書を締結します。
締結するときには書類をよく読み、署名捺印してください。
その後、引き渡しと支払いを行い、契約は完了です。

自動車の個人間売買の流れと売買に必要な書類とは

中古車の売買はディーラーに対して行うことが一般的ですが、昔から友人・知人間で売買する人も一定程度いましたし、最近ではフリマを通じて全く知らない人同士が売買することも増えてきました。
個人間売買はディーラーにマージンを支払わなくてよいことがメリットではありますが、自分達で様々な手続きを行う必要があります。
売買後に後悔しないように、洩れ落ちなくしっかり行いましょう。
まず、車の状態確認を双方立ち合いのもと行います。
その上で、必要に応じてその状態を盛り込んだ売買契約書を締結します。
代金支払い方法や期日も洩れ落ちなく記載するようにしましょう。
なお、契約書はどちらが作成しても構いません。
その後現物の引き渡しと代金の支払いを行った上で名義変更を行います。
名義変更は買い手が行うのが一般的です。
そのため買い手は、売り手から車検証、自賠責保険証明書、リサイクル券、納税証明書、譲渡証明書、印鑑登録証明書を受け取る必要があります。
また、買い手自身も車庫証明や印鑑登録証明書を用意し、売り手からもらった書類と申請書とともに陸運局へ提出しなければなりません。

車を個人間売買するなら名義変更はきちんとしておこう

自動車を売却する方法では、個人間売買も注目されています。
以前は家族観や知人の間で売買することが多くありましたが、最近ではマッチングサイトなどを利用して、知らない人とも取引ができるようになりました。
個人で売買すれば中間マージンが発生しないというメリットもありますが、時にはトラブルも発生することもありますので、手続きは慎重に行いましょう。
車を売却した場合は、名義変更が必要になります。
名義を変更しておかないと、いつまでも売り手側に自動車税の請求がくるようになりますし、交通違反や交通事故のときにもトラブルになりがちです。
名義変更を行うには、陸運支局に行く必要がありますが、忙しさなどの理由でつい遅れてしまうこともあります。
大きなトラブルを避けるためには、売り手側と買い手側が一緒に陸運支局に行き、手続きをすることも考えたいところです。
スムーズに手続きをするためにも、必要な書類はきちんと準備しておきましょう。

車の個人間売買のトラブル事例を知っておこう

中古車を売買する方法にも色々な種類がありますが、個人間売買を考えている人もいるのではないでしょうか。
こうした取引では、時にはトラブルが発生することもあるといわれています。
そうしたことにならないためにも、トラブル事例について知っておきましょう。
まず、売り手側のトラブルでは売却したのに、その代金が支払われないことがあげられます。
口約束の取引では、こうした問題も発生しやすくなりますのできちんと契約書を交わすことが大切です。
リスクを抑えるなら、代金の支払い後に車を引き渡すことをおすすめします。
それから、引き渡し時には、契約のときには見つからない不具合が発覚して、値下げを要求される可能性もあります。
そして、個人間売買のときは、買い手側が名義変更をすることになりますが、忙しさなどの理由でいつまでも名義変更がされないこともあります。
名義変更が行われないと売り手側に自動車税の請求がきますし、交通違反や事故が発生した場合も、売り手側に罰金請求や出頭命令がくることになります。

車の売却は個人同士だけでなく個人間売買サポートという手もあり

車の売却というと、お店に持ち込んで査定してもらうか、個人で買い手を探すイメージではないでしょうか。
車にはもう1つ個人間売買サポートという選択肢もあって、名前のように個人同士の売買を助けてくれるサービスを利用することができます。
これは車の掲載や取引のサポートが仕組みで、利用のハードルの低さと取引成立後の手厚い対応が魅力となります。
コストを抑えて還元するシステムですから、高額な費用が発生することはありませんし、それでいて個人間売買でも安心して取引することが可能です。
お店の買取ではないので消費税などの手数料が発生しないので、その分もお得と満足度の高い結果に繋がります。
車の売買は手続きの手間がネックとなりますし、お店は手続きを代行することで付加価値を手数料としています。
個人間でもこういう仕組みのサービスを利用することで、お店と同等かそれ以上の利便性が得られますし、何よりトラブルの不安なく1円でも高く売れる結果が手に入るのではないでしょうか。

著者:福地康晴

熊本県熊本市生まれ。自動車販売の経験をもとに、車の個人間売買に関する記事を書いています。

車 個人間売買